#5 友達欲しいかい?

猫との暮らし


仕事を終えて家に帰ると、明は我々夫婦にべったりするようになっている。

まだ産まれて3ヶ月くらいでちっちゃいもんねー(*´-`)

そんな姿を見ると可愛いなーと思うのと同時に、まだ小さいのに平日1人の時間が長くてかわいそうだなという思う…

飼い始めてから一ヶ月が経過した8月下旬のある日

嫁『明ちゃんは昼間なにやっているのかなー…1人できっとさみしいよねー』

嫁も同じ事を思っていたようだ…

嫁『明に友達作ってあげたいよね。そしたら昼間さみしくないと思わない?』

夫婦で話し合い、明(めい)を譲渡してもらった保護団体の代表の方にメールで相談してみた。

なんでも猫は縄張り意識が非常に強く、多頭飼いするには猫同士の相性が非常に大切らしい。また先住猫が小さいうちの方が受け入れやすい事が多いらしい。

実際に1週間程度候補の猫を家で預かってみて、相性がいいかどうかトライアルをさせて頂けると返答してくれた。

さっそく週末にトライアル候補の猫を見に行った。

我々夫婦、行動力には自信があります( ̄▽ ̄)


その中で明より小さくひときわ元気なキジトラの女の子がいた。

どれだけ活発かというと、ゲージから出るなり私の頭の上にのぼってきた(; ̄◇ ̄)ヒーっ

警戒心ゼロのじゃじゃ馬っぷりが初見から垣間見えた。

トライアルをする際の注意事項を代表から説明を受けた。

①初めはゲージに入れて、明にもう1匹猫がいる環境を慣らせる。

最初が肝心だからここは焦ってはいけない!

②たまにゲージから出してやり、猫じゃらしなどで一緒に遊ぶ時間を作る

③縄張り意識が強い為、どちらの立場が上かどうか決める為、争いのような形になる可能性がらあるが、決着が着いたらやらなくなるので、それまでは下手に干渉しない。

とにかくうまくいくかどうかは明次第らしい。

安易に考えていた部分もあったが多頭飼いの初めは大変なようだ…。

明ちゃんに友達は無事できるだろうか…

…続く


MIX猫ランキング

↑↑↑人気ブログランキング参加中です。

応援頂けると励みになりますので、よろしかったらクリックお願いします!